よりよい看護サービスを目指して 徳島大学病院 看護部
看護部へのアクセス
看護職員募集案内
TOP » アドバンス・エキスパート助産師

アドバンス・エキスパート助産師

アドバンス助産師

アドバンス助産師(CLoCMiPレベルⅢ)認証助産師

アドバンス助産師(CLoCMiP:クロックミップ)レベル認証制度

日本看護協会が開発したCLoCMiPを活用し、助産実践能力を評価することで、CLoCMiPレベルⅢに達しているかどうかを客観的に認証する仕組みです。日本看護協会を含む助産関連5団体からなる「日本助産実践能力推進協議会」が進めてきた全国共通の仕組みです。

2016年度の助産師実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルⅢ認証制度(CLoCMiPレベルⅢ認証制度)における認証者数は、全国で5,440人であり昨年の認証者と合わせると、合計11,002人となりました。そのうち就業している助産師が取得している割合として、徳島県は全国で第1位であり、62名(27.7%)が認証を受けています。徳島大学病院では、23名の助産師が認証を受けています。

 

 

 

アドバンス助産師

アドバンス助産師
※画像をクリックすると、大きく表示されます

助産師は、おもに外来や病棟において妊娠・分娩・産褥期の女性に対して支援・ケアを提供しています。

近年、少子化の進行により女性の人生において妊娠・出産体験がより貴重なものとなりました。この貴重な体験を、安全性はもちろんのこと、快適で満足できるものへ近づけることが私たちの目標です。

妊娠期には、出産に向けての体づくりを指導し、妊婦さんとともにバースプランを考えます。そして妊婦さんが主体となって分娩期を乗り越えられるよう支援しています。分娩後はバースレビューでお産の振り返りを行い、自身のお産を肯定的にとらえられるよう、一緒に話す機会を持ちます。さらに退院後も見据え、その人が自信を持って育児に取り組んでいけるよう継続的なケアを展開しています。

すべての時期において一人ひとりに誠実に向き合い、十分話に耳を傾け、支援することを心がけています。

 

 

アドバンス助産師

アドバンス助産師
※画像をクリックすると、大きく表示されます

「アドバンス助産師」は、助産実践能力が一定水準であることが認定されているため、当院を利用される妊産・褥婦さんやご家族にとって、客観的指標となります。

認定された者は、認定後も継続した自己啓発を行う努力が必要です。また、日々の助産実践を通して後輩スタッフへの助産師教育の向上にも中心となり関わっています。特に、当院では院内助産システムがあり、それを担える院内認定であるエキスパート助産師とも兼ねるアドバンス助産師がいるため、更なる質の高い助産ケアが提供できるよう目指していきたいと思います。

女性やそのご家族が、あたたかく幸せを感じていただけるよう、医師や他職種とチーム連携を図りながら自律した助産ケアを提供していきます。