よりよい看護サービスを目指して 徳島大学病院 看護部
看護部へのアクセス
看護職員募集案内
TOP » 看護部ご紹介

看護部の取り組み

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)看護方式の導入

新看護方式PNS(Partnership Nursing System)を導入

新看護方式PNS(Partnership Nursing System)を導入
※画像をクリックすると、大きく表示されます

  平成24年度より新看護方式PNSを導入し、8部署が最初に取り組みました。

平成25年度は、全部署が部署目標で取り組み、10月には、日勤帯において全部署に導入できました。

 

 PNSは看護師が質の高い看護をともに提供することを目的に、良きパートナーとして対等な立場でお互いの特性を活かし、相互に補完し合って、その成果と責任を共有する看護体制です。

 当院では、新人看護師育成やインシデントの減少、患者満足度の増加などに期待し、導入と安定稼働を図る取り組みを行っています。

 

*部署での具体的な取り組みをご紹介します。