内視鏡センター

内視鏡センター

内視鏡センターでは消化管内視鏡、大腸粘膜切除術、粘膜下層剥離術、逆行性膵胆管造影等、年間約6000件の内視鏡による検査・治療が行われており、医師、看護師、臨床工学技士、看護助手が連携して良質なチーム医療の実践に向けて取り組んでいます。

内視鏡診断や治療の進歩に伴い、専門性が伴った看護の必要性が高まっていますが、内視鏡技師学会認定資格を持つ看護師を中心に、内視鏡治療における看護ケアの質の向上のため、より安全で専門性の高い看護を提供できるよう努めています。

高度先進医療を行うのも大きな目的ですが、なによりも、患者さんの不安や苦痛をできるだけ取り除けるよう、私たち看護師は医師と協働しながら患者さんに親身に寄り添い、心のこもった看護ケアの実践を目指しています。

内視鏡センター