東病棟8階(整形外科・泌尿器科)

整形外科は、骨、関節、骨格筋、神経(脊椎、末梢神経)など、全身の運動器に関わる疾患を対象とした診療科です。

私たち人間は、運動機能が十分に機能しなければ人間らしい生命活動が十分に行えません。看護師は、患者さんが安全に治療を受けられるように援助するとともに、身体機能改善、残存機能を活用し自立した日常生活活動が送れることを目標に、理学療法士と共にリハビリテーション支援を行います。リハビリテーションは長期に渡るため、リハビリテーション継続目的に転院することが多いのですが、医療ソーシャルワーカーの介入により、患者さんの希望に添った転院調整を行っています。病棟担当の薬剤師、栄養士とも協働しておりチームワークが自慢の病棟です。

泌尿器科は、疾患の中でも経尿道的に行われる腫瘍切除術や結石破砕術、化学療法の患者さんが入院されます。看護師は、安全に治療を受けていただくことを第一に看護することを心がけています。また、排尿機能障害に悩む方には排尿ケアチームが支援しています。チームの一員として適切に支援できるよう、排尿ケアに熟知した看護師の育成に取り組んでいます。

主な疾患

整形外科

<体感の疾患>
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱靭帯骨化症、脊柱側弯症、変形性脊椎症、脊髄損傷、など

<四肢の疾患>
変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性膝関節症、半月板損傷、膝靭帯損傷、スポーツ外傷・障害、外反母趾、など

<骨・軟部腫瘍>
脊椎・脊髄腫瘍、悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)、など

泌尿器科

膀胱がん、前立腺がん、尿路結石、男性不妊症、など

治療と検査、処置

整形外科

<治療>
手術療法(ヘルニア摘除術、脊髄除圧術、椎体間固定術、人工関節置換術、靭帯再建術、半月板摘除術、遊離体摘出手術、骨切り術、切断術、など)、がん化学療法,、運動器リハビリテーション、など

<検査>
ミエログラフィー(脊髄造影)、針生検など

泌尿器科

<治療>
手術療法(経尿道的膀胱腫瘍切除術、経尿道的結石破砕術、など),化学療法、など

<検査・処置>
前立腺生検、精子採取、シャント造設など