西病棟4階(循環器内科・心臓血管外科・腎臓内科)

西病棟4階は、循環器内科・心臓血管外科・腎臓内科の混合病棟です。

循環器内科・心臓血管外科では、心不全の治療や心臓カテーテル検査、開胸による心臓手術、カテーテルによる弁置換術など行っています。腎臓内科では腎生検などの検査や、腎不全の治療・血液透析を行っています。西病棟4階には透析室が併設されています。

慢性的な疾患の患者さんが多く入院されているため、入院時から退院を見据えた治療・看護を目指し、医師・看護師・理学療法士・薬剤師・栄養士・MSWなど多職種が連携してチーム医療に取り組んでいます。

患者さんやご家族が目指す生活に近付けるような看護を提供していきたいと考えています。

循環器内科・腎臓内科・心臓血管外科

循環器内科・腎臓内科・心臓血管外科

主な疾患

循環器内科

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、不整脈(心房細動・粗動、心室頻拍、上室性頻拍、房室ブロック、洞不全症候群など)、急性並びに慢性心不全、高血圧(本態性高血圧、二次性高血圧)、心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症、二次性心筋症など)、心臓弁膜症、心筋炎・心膜炎、感染性心内膜炎、肺動脈疾患(肺高血圧、肺塞栓症など)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症など)など

心臓血管外科

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症・閉鎖不全症など)、大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離など)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症など)など

腎臓内科

進行性腎疾患(腎炎・ネフローゼ症候群)、慢性腎臓病(CKD)、糖尿病性腎症、腎疾患を伴った自己免疫性疾患など

治療と検査、処置

循環器内科

各種心臓超音波(経胸壁心エコー、経食道心エコー、血管エコーなど)、負荷心電図、心臓CT・MRI、心筋シンチ、心臓電気整理検査、心臓カテーテル検査などの各種検査を幅広く行い、専門治療として専門治療冠動脈形成術、急性冠症候群の救急治療、カテーテルアブレーション、ペースメーカー・埋め込み型除細動器(ICD)植え込み、心臓再同期療法、心臓リハビリテーション、末梢閉塞性動脈疾患に対する幹細胞移植による血管新生治療など。

心臓血管外科

大動脈弁狭窄症に対しては従来の開胸手術に加えて、径カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)も実施、また小開胸(MICS)手術を可能症例では実施し低侵襲化を目指しています。虚血性心疾患に対してはoff-pump冠動脈バイパス術(CABG)や、大動脈疾患に対してはステントグラフト内挿術と人工血管置換術、または両者を組み合わせたハイブリッド手術など。

腎臓内科

主な検査は、腎生検、各種画像検査(エコーによる精査など)、尿検査・沈査、血液検査とさまざまな全身性疾患・合併症の診断のための各種検査。