男性

東病棟2階(精神神経科)

徳島大学病院の魅力は?

徳島県で最先端の知識や技術を学べることが出来て、自己のスキルアップに最適な環境です。

PNS看護方式を導入しておりパートナーと業務を補完し合うことで、より質の高い看護を提供することができるところも魅力です。

徳島大学病院への就職の決め手は?

徳島大学病院は「生命の尊重と個人の尊厳の保持を基調とし、先端的でかつ生きる力をはぐくむ安全な医療を実践するとともに、人間愛に溢れた医療人を育成する。」を掲げており感銘を受けたからです。

特定機能病院であり最先端の知識や技術が学べ、日々学習ができ自己のスキルアップがしやすいからである。また、徳島大学病院ではワークライフバランスを推進しており働きやすい職場であり自分に合った働き方ができると思い就職した。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

精神科で勤務して4年目となります。
患者さんを理解し、その人に必要な看護を提供することの難しさや、看護の奥深さ、責任の重さを感じながら日々業務を行っています。

いつも表情が暗い患者さんの心に寄り添った後で笑顔が見られた時など、信頼関係ができたと感じられる瞬間は、喜びを感じます。
患者さんの状態も安定し、退院の際に「あなたがいてくれたからよかったわ」と感謝の言葉をもらえた時、やりがいを感じます。

東病棟4階(SCU)

徳島大学病院の魅力は?

徳島大学病院は特定機能病院として高度な専門診療に取り組んでいます。また徳島県では唯一のSCU(脳卒中センター)を標榜しています。

私は、新卒でSCUに配属され4年目となります。脳卒中は、意識障害や麻痺の他にも嚥下障害や高次脳機能障害などが起こることが多いため、多職種と連携し、リハビリテーションなど患者さんに必要なケアを日々考え業務を行っています。SCUは急性期から回復期までの治療を担っており多職種との連携から様々なことを学べるのは、魅力であると思います。

徳島大学病院への就職の決め手は?

私は、前職では社会福祉士として介護保険施設に勤務しておりました。看護師になったのも超高齢社会のなかで医療依存度の高い高齢者が多くなってきている現状があり、医療的知識も必要であると感じたことがきっかけです。
そんな私が当院へ就職したのは、インターンシップで見学に来た際に、PNSの導入や教育システムが充実していること、また大学病院の高度急性期の医療が学ぶことができるため自身をより高めていける環境であると感じたことでした。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

入職当初は、重症患者さんに適切な看護ができるだろうかという不安がありました。しかし、新人教育プログラムや先輩の指導もあり、今年から新人指導を担うことになりました。現在では一人でできることも増え、退院指導に関わることも多くあります。例えば家族の援助のみでは在宅での生活が困難な場合は、前職の経験を生かして、使用できる社会資源の情報を提供したりもしています。

救急搬送で入室された患者さんが治療やリハビリテーションを経て、退院ができるようになった姿をみるとSCUでの看護にやりがいを感じています。

西病棟8階(泌尿器科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科)

徳島大学病院の魅力は?

男性ナース入職して間もない頃は、仕事に慣れず不安も多いと思いますが、集合教育や部署教育が充実しており、安心して業務に携わることができるのが魅力だと感じます。

また、男性では結婚しても出産や育児で仕事を離れることが少なく、自身のキャリアアップに関して悩むこともあり、その際に管理や教育、専門の道など、どの道へ進むことになっても必要なサポートが受けられ、自身のキャリアを構築していくことができるのも大きな魅力だと感じます。

徳島大学病院への就職の決め手は?

私は学生時代、徳島大学保健学科で学び、同じ敷地内の慣れ親しんだ環境で看護師としての経験を積みたいと考えていました。

また、県下唯一の大学病院であり、最先端の医療が学べ、研究機関や教育体制が整っていると感じたのも決め手でした。

さらに、私が入職した当初は、県内他の病院に比べて男性看護師の在籍数が多く、同性が多ければ業務上での相談事もしやすく、男性看護師として働きやすい職場環境だと感じたのも決め手でした。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

男性ナース業務上、体位変換や移乗介助など力仕事を任せられることが多々あります。しかし、男女関係なく、自身の学んだことやスキルを活かして質の高い看護を提供し、患者さんの機能回復や早期退院につながることにやりがいを感じます。

また、部署の特性上、羞恥心を伴う介入もあり、患者さんの心情に配慮した関わりに気を付けています。その際、男性患者さんから指名されることもあり、必要とされていることに対して、充実感がありますし、もっと看護技術や知識を高めていこうと思っています。