新人

手術部

徳島大学病院の魅力は?

年間を通じて様々な研修が設けられており、看護師としてスキルアップすることができます。研修では、基本的な看護技術や知識を学ぶだけではなく、同期同士でリフレッシュできるような研修内容も含まれており、無理なく1年間新人研修を終えることができました。

2年目もさらなるキャリアアップを目指して頑張ります。

徳島大学病院への就職の決め手は?

私は県外の大学に通っていましたが、地元徳島の医療に貢献したいと思ったことと、総合病院で働くことで看護師としてあらゆる診療科での経験を積みたいと思ったからです。

実際に仕事を始めてみてどうでしたか?

私が働く手術部では患者さんの安心安全を守るため患者さんを中心に麻酔科医、各診療科医師、臨床工学技士、放射線技師、看護師等様々な職種のスタッフが共同してチーム医療を行っています。

実際働いてみると若いスタッフも多く、分からないことがあればすぐに相談することができ、活気と笑顔があふれる職場だと日々感じています。

東病棟5階(脳神経外科・脳神経内科・腎臓内科)

徳島大学病院の魅力は?

大学病院には高度な先進医療を学ぶことができる環境と、知識・技術を習得できる教育体制が整っています。徳島大学病院ではそれと同時に人間関係が良く学びやすい環境である所が魅力だと思います。

私の病棟は主に脳神経外科の患者さんが入院しており、手術や日常生活援助等で、病棟が慌ただしくなることもあります。しかし、多忙な中でも先輩方は私に多く関わってくれ、新人の私でも働きやすい環境であると思います。

徳島大学病院への就職の決め手は?

新人でも安心して働くことのできる教育体制がある所です。特にそれを感じたのはオープンホスピタルに参加した時のことで、担当の看護師さんは病棟の特徴や仕事の様子を熱心に教えてくれ、入職してからも丁寧に指導をしてもらえるのではないかと感じました。

また、徳島大学病院は県内唯一の大学病院であり、高度な知識・技術を学ぶことができる環境があります。看護師として働く中で新人のうちは大きな病院で経験を積みたいと考えたため、就職を決めました。

実際に仕事を始めてみてどうでしたか?

入職した当時は看護師としてしっかり働ける自信はなく、不安と緊張でいっぱいでした。
臨床現場で初めてのことをたくさん経験していくため、分からない事ばかりで戸惑い、うまくいかず落ち込んでしまうことも多々ありました。

そんな中、交通事故に遭ってしまい、約三ヶ月通常の仕事をすることが出来なくなりました。病棟に迷惑をかけてしまっていることや、他の同期との差がでてしまうことに、申し訳なさや不安を感じ仕事を辞めた方が良いのではないかと考えたこともありました。しかし、指導ナースの先輩方を初め病棟スタッフの方々から習得できたところを承認してもらい、できていない所を一緒に振り返ってくれ、丁寧に指導してもらいました。

今では一人で任せてくれる仕事も増え、その分、責任を感じることも多くなりました。今後も知識・技術をつけ、看護師としてより責任を持って仕事が出来るよう成長していきたいです。