ベテラン

放射線・救急部

徳島大学病院の魅力は?

当院では、最先端の知識と技術を駆使して質の高い医療を提供しているため、幅広い専門医療に携わることができます。このため、看護に必要な知識や技術も多岐に渡りますが、多くの症例を学べる環境が整っています。研修や学習会が充実しており、PNS導入により教育体制の構築がなされています。

また、職場の人間関係も良く、日々の業務に関して不安に感じるとことや悩みも相談しやすい雰囲気があります。徳島大学病院は地域社会に貢献できる拠点病院であり、当院で看護師として働くことができることを誇りに感じます。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

私は主に血管撮影室での業務を担っています。血管撮影室では複数のメディカルスタッフが連携し、血管内治療やケアをするチーム医療が行われています。多くのスタッフが個々の専門性を発揮しながら、安全で質の高い医療を提供することを共通目標に、奮闘しています。そのチーム医療の一員として携わるなかで、看護師としての役割は、安全に検査や治療ができるような環境調整や、患者の精神面のケア、患者の些細な変化を見落とさず急変時に迅速に対応できることだと考えています。そのため、知識と看護技術の習得を行っています。

血管撮影室での医療は決して一人では行うことができません。一人でできないことも、多職種が力を合わすことで達成でき、患者さんの命を救うことができる。そんな充実感を得ることが私にとってやりがいを感じる瞬間です。

今後の目標は?

血管撮影室での新規配属者の教育を行い、教育プログラムの充実化を図りたいと考えています。

また新型コロナウイルス感染症の流行、まん延の長期化により、部署内での感染予防対策の徹底に努めていきたいです。救急外来や血管撮影室でCOVID-19陽性疑い患者の対応を行うためにもシミュレーションやフロー体制の構築を目指したいと思います。

そして仕事以外の家族や友人と過ごす時間も大切に、ワークライフバランスの取れた生活を送り心身ともに健康でありたいと思います。笑顔を忘れず、患者や同僚に信頼される看護師でありたいと思います。

東病棟4階(ICU)

徳島大学病院の魅力は?

当院に就職し、現在17年目になります。入職時から15年間助産師として勤務し(育児休暇取得あり)、令和元年にICUに異動し2年目となります。

当院は教育体制が整っていること、またPNS導入やヘルシーワークプレイスへの取り組みなど、働きやすい職場環境づくりが強化されているところが魅力です。その結果、患者さんや家族を中心とした「温かい」「心に寄り添った」看護を提供することができています。

まさに、「愛」と「知」と「技」のバランスのとれた看護ができる病院です。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

15年間、女性の出産する力や子どもが生まれてくる力に感動や感謝をしながら母子に寄り添い、また院内認定エキスパート助産師を取得し助産師としてのやりがいを感じて仕事をしてきました。
ICUに異動後も、「大切ないのち」に寄り添い、「患者さんの退院後を見据えたケア」を心がけ、助産師と看護師の仕事につながりがあることを感じながら働いています。

重症患者さんやCOVID-19の患者さんを担当する中でまだまだ不安もありますが、自己研鑽を継続し様々なことを経験していくことで、自分が成長していると実感でき現在の活力になっています。

今後の目標は?

院内認定エキスパート助産師を取得後2年目に異動となり、助産師業務からは離れていますが、現在は「急性期看護を経験している私だからこそできる何かがある!!」と思うことができるようになってきました。

与えていただいた機会に感謝しつつ、かつ入職時や異動時に抱いた「不安」や「やる気」の初心を何年経っても忘れず、自分なりの「愛」「知」「技」のバランスを保ちながら今後も看護職として長く働き続けていきたいと思います。