がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法は、免疫チェックポイント阻害薬など新たな抗腫瘍薬の開発がめざましく進歩しており、患者さんの生存期間の延長につながっています。また、外来化学療法加算の増点など、外来でのがん化学療法のさらなる推進により、ひとりひとりの患者さんのその人らしい社会生活を支援することが重要です。

日々の活動として、多職種と共に患者さんが病状や治療について、正しく理解した上で納得して治療が受けられるように情報提供や助言を行ったり、抗がん剤の副作用をうまくコントロールしながら仕事が継続できるよう共に考えたり、治療継続や中止に関しての相談に対応するなど、がん化学療法看護の専門的知識と技術を臨床現場で活かしながら、患者さんやご家族のQOLの向上を目指しています。

スペシャリスト種別: 認定看護師